基礎断熱工法 タイトモールド

ba_tightmold

タイトモールドは司コーポレーション株式会社様が開発された基礎断熱工法です。基礎をまるごと断熱材で包み込み極めて高い断熱効果を発揮します。当社はタイト・モールドの施工代理店です。

燃費のいい家を目指すなら基礎から!!防蟻ももちろんかねています

基礎全体を断熱すれば、居室内の床は真冬でも素足でいられる快適空間になります。タイト・モールドで基礎全体をしっかり断熱すると温度差の少ない室内環境が実現できます。

床ではなく、基礎をまるごと断熱材で包み込み極めて高い断熱効果を発揮します。

img_mold01

またタイトモールドはコストパフォーマンスにも優れています。防蟻処理の施された断熱材をコンクリートの型枠にすることで、型枠の取り外し不要にするなど施工の手間を極力減らし、工期を短縮することでコストを抑えることができます。「外側基礎断熱」「防蟻処理」「コンクリート1回打ち」をローコストで実現する画期的な新技術です。

さらに浮かし型枠で立ち上がりコンクリートと耐圧盤を同時に施工するため、継ぎ目のない強度的にきわめて安定した基礎をつくることができます

タイトモールドの3つの特徴

特徴1 安心のシロアリ10年保証

mold_f01

基礎に外張りされた断熱材は、シロアリにとって格好の標的となり、シロアリは基礎断熱の大敵でした。 タイト・モールドは断熱材の素材にホウ酸を混ぜ合わせ、シロアリの被害から断熱材を保護。さらに断熱材の上にアルミ製の防蟻笠木を取り付けることでシロアリの侵入を二重で防ぐ対策を施しています。

特徴2 コンクリート打設の一体打ちが、継ぎ目のない強いベタ基礎を作ります

mold_f02

コンクリートの一体打ちは、継ぎ目のない強いベタ基礎を作るうえで欠かせません。基礎に継ぎ目を作らないことで、経年劣化による水やシロアリの侵入を大幅に軽減する強い基礎になります。

特徴3 上下移動する浮かし型枠

mold_f03

タイト・モールドは内側の浮かし型枠がミリ単位で上下に移動調整できます。そのことにより、型枠の天端を水平に調整すると同時に基礎天端が決定できる大きなメリットを生み出します。タイト・モールドなら、水平精度の高い基礎施工が簡単に行え、従来の基礎工事の精度や土台据えの手間を大幅に改善します。

高原都市開発では基礎をタイトモールドにしたいという方には通常のベタ基礎のお値段で施工させていただきます。

条件としましては
・弊社にてログハウス、在来建築を検討される方。
・検討されている土地がほぼ平坦。
・高基礎には対応できません。
正直タイトモールド基礎と通常ベタ基礎では30万円ぐらい施工費が違います。基礎工事はやりなおしきかない部分ですし、何でも足元や基礎が大事です。是非是非御検討下さい。

ログハウスや北欧住宅に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。
<受付時間> 8:30 - 18:00 TEL : 0120-397-197 
年末年始・夏期休業など除き、基本的に年中無休で営業しております。ご気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
資料請求フォーム

このページの先頭へ