1. スタッフブログ

長野県佐久市望月 ぺータランド邸にて電気コンセント増設!

2019/06/07野口 展孝

こんにちは野口 展孝です。 今日はしっかりと雨降りましたね。 近畿東海エリアでは警戒レベル4という警報がでてしまうほど大雨が降っていた地域もありました。 まだ6月初旬でこの雨量は怖いですね。 夏は好きですが雨に伴う災害が年々増えてきています。 あまり降らないことを只々祈るばかりですね。 

さて昨日のお仕事です。 20年前に弊社ログハスウを新築、10年前に離れのログハウスをハーフビルドで新築、6年前に車庫と車庫から母屋ログハウスへの通路工事をお世話になった佐久市望月のペーターランド邸に行ってきました! 今回のミッションは離れのログハウスにエアコンを設置したいとのことで分電盤からの電源工事を依頼されました。 分電盤には回路に一つ余りがあることをペーターランドさんから写真確認済みで分電盤から設置したい場所への配線工事となります。 さてログハウスは屋根裏がないのでどのように電源を配線するかが問題になります。 ログハウスに精通している電気屋さんだったら「こんな具合に」という提案ができると思いますが、そうでないと大変かもしれません。 ペーターランドさんもエアコンを購入して下見にきた電気屋さんに「電源工事は工務店にお願いしますので」と言ったところすごく嬉しい顔していたそうですよ(笑)

工事は電線を分電盤がついている間仕切り壁から基礎内に落として、エアコンを設置したい部分に既存スイッチコンセントがある部分を目指して床下から立ち上げます。 既存スイッチやコンセントがある部分は上から下まで30㎜の穴があいているためです。 今回はコンセントもスイッチもある場所を目指して床下から立ち上げて高さ約2400㎜付近に穴をあけて電線をだしました。 出した部分から設置したい場所までは露出配線になるのでモールで隠して200V用コンセントを取り付けて作業は完了!!
どうです~。 いかに露出部分をなくして工事するかがポイントなんですよ! 今回は条件よかったので作業は朝9時から昼前に完了! 

ぺータランド奥様からランチもいただいてしまいました。 大きな掃き出し窓から森の緑を眺めてのランチは最高でしたね。 雰囲気だけでお腹いっぱいになりました!

ぺータランドさん宅を写真紹介!
母屋はフィンランドログハウス築20年!

離れは中国加工シベリアパインログハスウ築約10年!

母屋と離れの渡り廊下!

車庫から母屋への通路!

 

いつも工事をご依頼いただき誠にありがとうございます。 今回もお世話になりました!

さてさて今日もお疲れ様でした。 いい週末をお過ごしください。


ログハウスや北欧住宅に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。
<受付時間> 8:30 - 18:00 TEL : 0120-397-197 
年末年始・夏期休業など除き、基本的に年中無休で営業しております。ご気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
資料請求フォーム

最後までご覧いただきありがとうございます!

もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ ←ログハウスのブログランキングです。押して頂けると励みになります!!

前後の記事



このページの先頭へ