1. ログハウスキットに関することなら【高原都市開発】

埼玉・神奈川・長野にお住まいの方へログハウスの建築は【高原都市開発】~定期的なメンテナンスで快適なログハウスに~

埼玉・神奈川・長野のエリアでログハウスの建築をお考えなら

埼玉・神奈川・長野のエリアでログハウスの建築をお考えなら

埼玉・神奈川・長野などのエリアでログハウスの建築をお考えでしたら、【高原都市開発】へご連絡ください。

セルフビルドできるログハウスキットの輸入・販売をはじめ、ログハウスの設計・施工・メンテナンスを行っています。

埼玉・神奈川・長野などに、自宅や別荘用のログハウスを建てたい方はいらっしゃいませんか。

【高原都市開発】では、ログハウスキットの部材を直輸入することで無駄な経費を削減し、高品質でありながら低価格でのサービス提供を実現しています。

さらにセルフビルドなら建築費も抑えられて、よりお得にログハウスを建てることが可能です。

「全部自分でできるか不安…」という方もまずはお気軽にご相談ください。完成するまで全面的にバックアップいたします。

ログハウスのメンテナンスについて

ログハウスのメンテナンスについて

ログハウス建築を検討される際、「ログハウスはどのような手入れをすれば長持ちするのか」「メンテナンスにどのくらいの費用がかかるのか」といった疑問や不安をお持ちではありませんか。

ログハウスに限らず、どのような住まいでも長く快適に暮らすためにはメンテナンスが必要です。特に木材でつくるログハウスは、木材の性質がそのまま住まいに現れるため、木の状態が住まい環境の良し悪しを決めるカギとなります。

木材は呼吸をしているため、湿気の量によって縮んだり(セトリング)、膨張したりします。また、木材は外的環境の影響を受けやすいため、塗装の剥がれやひび割れを起こす場合もあるのです。

これらの現象を未然に防ぐためには、定期的なメンテナンスが重要になってきます。木材の隙間を埋めるチンキングや、壁にたまったゴミを取り除く、外壁を保護する塗装を行うなどが主に必要なメンテナンスです。

メンテナンスを欠かさず続けることで家が長持ちし、木の美しさを保つことにつながります。

ログハウスは切り分けた丸太を使用する「ハンドヒューン」と、機械加工を施した木材を使用する「マシンカット」の2種類があり、【高原都市開発】で主に取り扱っているのはマシンカットのログハウスキットです。

反りやばらつきがない木材を使用しているため、高い気密性がありセトリングも起こりにくいことが特徴といえます。【高原都市開発】では建築後のメンテナンスも行っていますので、安心してお任せください。

ログハウスの購入をお考えなら【高原都市開発】へ

会社名 高原都市開発株式会社
代表取締役 野口 充夫
住所 〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-4570
事業内容 ログハウス輸入・設計・施工・販売・メンテナンス・リゾート物件販売・仲介・分譲
資本金 1000万円
営業時間 AM8:30~PM6:00
定休日 基本的に年中無休
TEL 0279-84-1545
FAX 0279-84-1546
加盟団体 ログハウス協会 正規会員
認定 国土交通大臣認定
準防火地域対応・30分防火構造認定
展示場 本社所在地にてフィンランド・マシンカットモデルを公開中
URL https://www.kougentoshi.com/
ログハウスや北欧住宅に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。
<受付時間> 8:30 - 18:00 TEL : 0120-397-197 
年末年始・夏期休業など除き、基本的に年中無休で営業しております。ご気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
資料請求フォーム

このページの先頭へ